呼吸器内科

表参道の内科武村医院

表参道の呼吸器内科武村医院

表参道の皮膚科武村医院

生活習慣病

  • 高血圧について
  • 高コレステロール血症(高脂血症)について
  • 糖尿病について

表参道の武村医院の健康診断

表参道の武村医院の予防接種

表参道の武村医院の花粉症


QRコードで簡単アクセス


患者の気持ち

風邪、咽頭炎、扁桃腺炎、気管支炎、肺炎などの急性の感染症から気管支喘息、慢性閉塞性 肺疾患(肺気腫)、慢性気管支炎、肺結核後遺症、肺非結核性抗酸菌症、気管支拡張症などの慢性の呼吸器疾患まで、呼吸器(肺、気管)に関することなら何でもご相談下さい。


咳が治りにくい、痰が切れにくい、動くと息切れがするといった症状のある方は、呼吸器の病気が隠れている可能性もありますので、お早めにご来院下さい。


治りにくい咳・長引く咳、喘息の治療について


長い間、咳が続いていることはありませんか?
風邪にしては咳がなかなかおさまらない、不思議だと思って、そのままにしていることはありませんか?そのような場合には漫然と咳止めの薬を飲んでいるだけでは、症状が治まらないことが多く認められます。


咳の症状を認める場合には、その咳をもたらす病気がどんなものであるか(背後にある病気がどんなものであるか)を明らかにして対処していくことが大事になります。


長引く咳を見分けるためのポイント


1.慢性的な咳が持続している場合、まずは重篤な疾患が隠されていないかどうかを確認します。


このときには胸部レントゲン写真を撮影します。胸部レントゲンで異常を認める疾患としては肺癌、肺結核、肺炎、胸膜炎、気胸などがあります。まずは、胸部レントゲンでこれらの疾患がないかどうかを確認します。


2.次に、咳を呈する呼吸器疾患以外の原因がないかどうかを確認します。


「胃食道逆流症」「高血圧治療薬(ACE阻害薬)の内服」「副鼻腔炎による後鼻漏」が原因としてあげられますので、これらの要因がないかどうかを診ます。

胃食道逆流症胃酸が食道に逆流することによって起こります。症状としては胸焼けを伴います。食後に咳が悪化する、体重が増えると咳が増加するという特徴があります。

高血圧治療薬としてのACE阻害薬の内服:高血圧の治療薬としてACE阻害薬を内服している場合に痰を伴わない咳を認めることがあります。この場合にはACE阻害薬の内服を中止すると咳嗽は改善します。

副鼻腔炎(蓄膿症)膿性痰、後鼻漏(鼻の奥の方にいつも鼻水が流れている感じを自覚すること)、副鼻腔の痛みを自覚することがあります。

3.上記のことが除外できれば、慢性咳嗽を呈する呼吸器系の疾患として原因をさぐっていくことになります。


一般的には「気管支喘息」「慢性気管支炎」「かぜ症候群後の咳嗽」「副鼻腔気管支症候群」「咳喘息」「アトピー咳嗽」「その他の原因」に分類されます。

慢性気管支炎:現在喫煙をしていて痰を伴う咳を認める場合には慢性気管支炎を疑います。禁煙によって症状は改善します。

かぜ症候群後の咳嗽:咳が2~3週間続いているという患者様では、「かぜ症候群」が原因となっている場合が最も多いケースです。
この場合、咳とともに発熱、咽頭痛、痰、関節痛、頭痛などの感冒症状を認めているかどうかが大事な所見になります。通常は4週間以内に自然軽快傾向がみられるので、この点が診断のポイントになります

副鼻腔気管支症候群:呼吸困難を伴わない咳嗽(しばしば湿性)を認めます。後鼻漏、鼻汁および咳払いといった副鼻腔炎症状を認めます。マクロライド系抗菌薬や去痰剤が有効です。

咳喘息:気道の過敏性(色々な刺激に対する反応性)が亢進し咳を認めるようになります。気管支喘息のようにヒューヒューぜいぜいといった息苦しさを自覚することはありませんが、慢性的に咳を認めます。気管支喘息の亜型あるいは前段階と位置づけられ、場合によっては気管支喘息に移行する方もいらっしゃいますので注意が必要です。

アトピー咳嗽:アトピー素因に関連し、気管支拡張薬がまったく無効な慢性乾性咳嗽を特徴としています。気管支喘息への移行は認められません。

とにかく、以下ような症状がおありの場合には、お早めにご来院されることをお勧め致します
・咳やたんが続いている。
・風邪をひくと咳が長引く。
・咳止めを飲んでも、咳が止まらない。
・明け方になると、咳のために目が覚めます。
・咳、息をするときに「ゼーゼー、ヒューヒュー」と音がする。
・こどもの頃に「喘息」ではないかと言われた。
・親、兄弟に「喘息」の方がいる。

睡眠時無呼吸症候群


睡眠時無呼吸症候群は、SAS(Sleep Apnea Syndrome)とも呼ばれる睡眠中に呼吸の停止を繰り返す病気で、その多くがいびきを伴い、自覚症状が少ないことが特徴です。
ここ数年来、新幹線の運転手による居眠り事件など、各メディアで社会問題として取り上げられておりましたので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。


睡眠時無呼吸症候群は、肥満により上気道へ過剰に脂肪が沈着することが原因の一つとされていますが、遺伝的あるいは後天的に上気道が狭くなっていることに起因して肥満でない方でも約30%にも発症しており、誰しもが発症し得る病気であると言えます。


十分な睡眠をとっているつもりでも、無呼吸であるために脳や体が休むことができず、昼間の眠気や疲労感が増し日常生活に影響を及ぼすだけでなく、交通事故などの重大な時代を誘発することさえ起こり得ます。
検査や治療が必要と思われる場合には、適切な医療機関へのご紹介も行っておりますので、気になる症状などがおありの際は、どうぞお気軽にご相談下さい。


また、睡眠時無呼吸症候群は、適切な治療が必要な病気ではありますが、ご自分で行える対策もございます。

ダイエット:舌や喉の周囲に余分な脂肪があると上気道が狭くなりやすいので、まずはダイエットで余計な脂肪を落とすところから始めましょう。

アルコールをひかえる:睡眠時無呼吸の症状が出る方は、アルコールによって筋肉のゆるみが増長され、舌によって上気道がふさがれやすくなるため、アルコールを飲んで寝た時のほうがより症状が悪化します。

横向き睡眠:舌が上気道を塞いでしまうのを防ぐためにできる、一番簡単な対策です。仮に真横を向いて眠ることができなくても、首や体がすこしでも傾けば上気道に空気が通りやすくなります。

鼻呼吸の習慣:口から息を吸い込むと非常に大量の空気が入ってくることになり、狭くなった上気道を通ろうとした時に喉を振動させていびきが発生します。鼻で呼吸するようにすれば症状はだいぶ変わってきます。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)について


生活習慣病の治療と同様に、運動療法やアルコールの制限などを行います。

減量:肥満は首周りにも脂肪が沈着しているため、気道を閉塞させます。食事療法、運動療法を実施し減量を試みます。減量することにより無呼吸が少なくなったり無くなる方もいます。減量が成功した方は、気を緩めず維持するようにしましょう。

アルコール制限:アルコールの摂取は、気道の筋力を低下させる作用があるためよくありません。就寝前の飲酒はやめましょう。

禁煙:アルコール同様、血液中の酸素の濃度を低下させたり、咽喉頭部の炎症を起こすことがあり、悪影響があります。できるだけ禁煙をしましょう。